蝋引き紐マクラメのお役立ちコラム

天然石ビーズを通すコツ

天然石ビーズを通すコツ

当店のオリジナル蝋引き紐は天然石ビーズを通しやすいことが特徴です。
とはいえ通すのには「ちょっとしたコツ」と「練習」が不可欠。
天然石ビーズに2本の紐を通す、「ちょっとしたコツ」をご紹介します。



 

1.先端を細く切って通す

まずは基本の先端を補足する方法。ニッパーや手芸用ハサミなどスパッと切れ味が鋭いものをお使いください。

斜めにカットします。
 
 
切ったら先端を手で細く尖らせます。
 
 
2本とも尖らせます。
 

2本の糸を手でまとめます。
 
 
あとはとがった先を少しずつ通します。これでも先がバサバサになってしまう時は『ミツロウ』をお試しください。
 
   
 


 

2.ミツロウを使って通す

先端がバラけてしまうのを防ぐにはミツロウが最適。指で何度か押しつけるようにして塗ります。裏を含めて全体に塗ってください。


<ミツロウ(蜜蝋)とは>
ミツバチの巣は、はちみつと花粉を食べて、お腹から蝋を分泌してつくられます。
ミツロウは蜂蜜をとった後のミツバチの巣を、水洗いして加熱しゴミなどを取り除いたのち固めたものです。

そのままワックス・つやだしとして使われる他にも、化粧品や医薬品、お菓子作りにも使われるほど、肌にやさしい天然素材です。

このページで紹介した石通し以外に、仕上がりを固くしたい時にもお使いいただけます( 編む前にミツロウを塗ってから編んでください)。
蜜蝋はこちらから


 

3.2本の紐が常に同じ場合の通し方

平編みブレスなど、ビーズを入れる2本の紐(芯)が常に同じ場合はこのようにすると簡単にできます。

細いワイヤー、てぐすなどを用意します。当店ではステンレスワイヤー0.3mmを使っています。
※1m100円で販売中
 
 
紐は一本を折り返して二重にして、写真のようにワイヤーをかけます。
 
 
あとはワイヤーにビーズを通して行くだけ。ワイヤーから紐に移るとき、ひっかかりがあったらヤットコなどで軽く引っ張ってください。
 

平編みやねじり編みは、先に石を全部通しておくとやりやすいです。
 
 
通し終わったら別の紐で編んでいきます。
 
 
すると、こういうブレスレットができます!!(写真はねじり編み。編み方はネットで検索してくださいね。)



ライン730
読みもの


カテゴリー

蝋引き紐(ワックスコード)

オリジナルビーズ

天然石ルース

天然石ルース〜内包物入り水晶

天然石ルース〜ベビーヒップシリーズ(穴あき)

ライン220

wish

mens
ライン220
ライン220
ライン220
ライン220
メールマガジン
新着情報をお届けします
※メールフィルタ等をご利用の方は、当店のドメイン「@stone-puck.com」を受信設定してください。

ライン220
2017年3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
は定休日です。
はOnlineshop休業日です。

受注確認メールおよび商品発送・お問合わせへの返信は翌営業日以降となります。
ご注文は、年中無休でお受けしております。

ライン220
問い合わせ 配送
ライン220
SAIUN

FUKANE


当店について


Instagramバナー



仙台本店 パックロゴ
有限会社百花 ひゃっか  貴石工房パック OnlineShop / 仙台本店
宮城県仙台市太白区長町1-7-38-206 MAP
022-249-3360  ※ネットショップのお問い合わせと先にお伝えください。
・営業時間 10:30〜19:00
・定休日  木曜日
line 彩雲 さいうん
当店から独立したタンカ(仏画)と彫刻ペンダントの専門店

Copyright© 2010-2017 有限会社 百花 co, All Rights Reserved.